ロプトの戯言 3代目

主にスマホゲームのプレイ日記を書いています。たまに妻が切り絵をUPします。

監視と諜報

2LH1_Screenshot_20170308-230525.png 2LH2_Screenshot_20170308-230545.png 2LH3_Screenshot_20170308-230556.png

MSXを用いた諜報方法には2つの方法が考案された。

・「対象者にMSXを装着させる直接法
・「使用者がMSXを装着し夢の中から対象と接触し諜報活動を行う遠隔法


2LH4_Screenshot_20170308-230613.png 2LH5_Screenshot_20170308-230632.png 2LH6_Screenshot_20170308-230645.png

ただしどちらの方法も問題があった。

・直接法は対象者にMSXを装着させる必要がある事。
・必ずしも脳波の誘導が自白を成功させるとは限らない。


・遠隔法はMSXを装着する使用者の技量に左右される。
・そしてこちらも効果が不確かで成功するとは限らない。


そして更には対象の精神傾向によっても効果に差が出てしまう。
これじゃ使い物にならないよね…(´ω`;)


2LH7_Screenshot_20170308-230656.png 2LH8_Screenshot_20170308-230714.png 2LH9_Screenshot_20170308-230816.png

よってまずは人間の精神傾向の分類から始めなければならない。
でも精神傾向は性格と違って科学的な分類が難しいらしい。


2LH10_Screenshot_20170308-230824.png ヒュプノノーツ2(1620)

秘密で成り立っている実験でサンプルを集めるのは
不可能に近いという事か。


2LH12_Screenshot_20170308-230845.png 2LH13_Screenshot_20170308-230901.png 2LH14_Screenshot_20170308-230909.png

以上の理由から「直接法」から「遠隔法」の研究をすることになった。
ただこれも簡単に出来るわけではないらしい…。
あくまで直接法より可能性があるというだけで問題は山積みだ。


2LH15_Screenshot_20170308-230924.png 2LH16_Screenshot_20170308-230935.png 

使用者の素質によって効果に差が出る事が分かった。
その素質は訓練で得られるものではなく
その人が先天的、もしくは後天的に備えている素質。

いわゆる才能というものか。


2LH17_Screenshot_20170308-230946.png 2LH18_Screenshot_20170308-231010.png

よってMSXプロジェクトチームの最初の仕事は

・素質を研究、素質を備えたメンバーを集める。
・メンバー同士を競わせ、より良い素質のメンバーを選定する。


なるほど…でも競わせるってどう競わせるんだろう?


2LH19_Screenshot_20170308-231026.png 2LH20_Screenshot_20170308-231038.png 

しばらくすると使用者の素質にも優劣が現れ始める。
そして素質そのものについても分かってきた。

「他者への共感能力が高く、自他の境界線が曖昧な人物ほど
MSX使用者としての素質がある」
ということだった。

共感能力は分かるけど、自他の境界線が曖昧な人なんているんだろうか。
それって自分の中に他人がいて、両者が拮抗しているって事だよね?
…プロジェクト参加者って精神的に不安定な人だらけなんだろうか。


2LH21_Screenshot_20170308-231052.png 2LH22_Screenshot_20170308-231113.png 

良く言えば思考も態度も柔軟で協調的。
悪く言えば刹那的で無責任。


そういう人たちで集められたチームは
何故か最初から崩壊寸前だった。
刹那的で無責任な部分が出てきたんだろうね。


2LH23_Screenshot_20170308-231133.png 

刹那的で無責任な集団を指揮するのは並大抵な事ではないと思う。
良い部分の協調性も悪い方向へ働くこともあるしね。
だからリーダーの素質云々ではないと思うよ(´・ω・)


2LH24_Screenshot_20170308-231141.png 2LH25_Screenshot_20170308-231147.png 

政権が交代して事業仕分けが…という部分。
現実でも何年か前にありましたね( ´ω`)

茉理たちの世界でも事業仕分けがあったらしく
予算が凍結、クビになってしまったようだ。


2LH26_Screenshot_20170308-231159.png 2LH27_Screenshot_20170308-231206.png 2LH28_Screenshot_20170308-231217.png

プロジェクトは中止になっても脳波誘導技術は秘密に指定されたまま…。
メンバーに対する公安の監視も解けたのか分からないという。
だとしたら今動くのは危ないんじゃ…(´・ω・)


2LH29_Screenshot_20170308-231238.png 2LH30_Screenshot_20170308-231255.png

mePhoneの位置情報は逐一記録されているとか…普通に怖くない?


ヒュプノノーツ2(1640) 2LH32_Screenshot_20170308-231321.png

NumberMe?Nummy認証?

ナンデスカソレ…ゾンジアゲマセンガ…(´ω`;)


2LH33_Screenshot_20170308-231335.png

あれ?もしかして最初に決めたIDの事かな?
だとしたら涙の場合は「TearDrops」だね。


2LH34_Screenshot_20170308-231348.png 2LH35_Screenshot_20170308-231355.png 2LH36_Screenshot_20170308-231408.png


NumberMeは…

住所異動履歴、所得、納税状況からクレジット決済情報や利用明細
GPSや交通機関のICカード情報、医療機関受療履歴やカルテ…
更には運転者の指紋認証も紐づけされて移動先も全て記録されている。

これ凄いね…前作でとある人物が言っていた反理想郷ディストピアじゃないか!

その人は犯罪をなくすため、違法行為が出来なくなる社会のひとつとして
茉理に語っていたもしかしたらだったのに…恐れていた事が現実になってしまった。


2LH37_Screenshot_20170308-231414.png 2LH38_Screenshot_20170308-231429.png 2LH39_Screenshot_20170308-231443.png

まあ人が監視していたらブッ倒れるレベルだよね。
コンピュータにある程度任せないと情報量が多すぎて無理だ。


2LH40_Screenshot_20170308-231458.png

人件費や監視機材にもお金がかかるしね(´ω`;)


2LH41_Screenshot_20170308-231513.png 2LH42_Screenshot_20170308-231532.png 2LH43_Screenshot_20170308-231543.png

確かに茉理の人生は波乱万丈だったかもしれない。
前作をプレイした方はお分かりかもしれませんが
幼少期の茉理があまりにも不憫で可哀想でしたしね…。


2LH44_Screenshot_20170308-231558.png 2LH45_Screenshot_20170308-231619.png

監視はされているだろうけど、それは人にではなく機械。
何故そう言い切れるかと言うと、茉理が邪魔なら既に拘束したり
あるいはもう存在を抹消しにきているだろうから。

ほえ~相変わらず発想が極端だなぁ(´ω`;)


2LH46_Screenshot_20170308-231635.png

怖くはないんだろうか。

幼馴染と命からがら地獄から帰還して
公安という制限はあるものの平穏な日々を送れていたのに
下手したら生活そのものを失う危険性もある…。


2LH47_Screenshot_20170308-231647.png 2LH48_Screenshot_20170308-231653.png 2LH49_Screenshot_20170308-231700.png

うん、やっぱりこの子は茉理だわ( ´ω`)

陰謀論やらを恐れるような子じゃないし
むしろ自分から仕掛けるような子だからね。
何たって世界征服を目論む魔王様( ´ω`)


ヒュプノノーツ2(1659)

一番最初にMSXで夢に潜ったのが9月27日だよね?
冒頭で嵐山と連絡が取れなくなって2日以上経つ…と語られていたから
少なくとも9月25日より前から嵐山と連絡が取れていない。

9月21日から9月25日の間に何があったんだろう。


という事で今日はここまで!

明日は涙が知りたくなったものが明らかになります。
知りたくて仕方なかった、でも知らなければ良かった真実。
それに直視した涙は…。


ではまた!

 ヒュプノノーツ2

0 Comments

Leave a comment